足を労わり、お洒落も諦めない!

足を労わり、お洒落も諦めない!

可愛い靴を履きたい

女性なら「外反母趾」気になりますよね!可愛い靴を履きたいのに、痛くてはけない!素敵なヒールに挑戦したいけど、痛くてはけない!そうとにかく「痛くてはけない」のが外反母趾。あるとき外反母趾の日帰り手術のテレビ取材を受けたという病院が、放送翌日から整形外科に行列ができた!なんて話もあるくらい、悩んでいる人は多いみたいです。痛いし、見た目も素敵じゃなくなるので、人前で裸足になりたくないし、外反母趾用の靴はちょっと敬遠…。外反母趾になっていいことは一つもないですよね。多少外反母趾気味ではありますが、私はまだ外反母趾の痛みは味わっていません。以前足の親指に菌が入って腫れてしまい整形外科にかかりました。

外反母趾用の靴

たまたま、居合わせた技師装具士さんと話す機会があったので聞いたところ「外反母趾用の靴を買わなければならない状態の足もあるけれど、手持ちの靴にソールを上手く使うことで、十分痛みにも対応できる」という話を伺いました。本来持っている足の自然な湾曲や丸みを潰さず自然に再現できるように、手持ちの靴をカスタマイズするというもの。確かに、足の形は千差万別のはずなのに、買った靴はそのまま履いていますよね?整形外科では、痛みのある患者さんに、装具師さんを紹介して”靴を履きやすくして、歩きやすくする”ということをしている病院が多いようです。でもこれは、日頃からできないことはないですよね?靴を買うと、確かにさまざまな形のソールが売っています。最近では子供用のソールすら種類が豊富です。足が痛くなってしまうと、さまざまなことに支障がでてきてしまうので、これはぜひやってみよう!と思いました。見た目重視で買ったものの、痛くて履けない靴ってありませんか?無理をせず、足を労わりながらお洒落を楽しみたいですね!
ホーム RSS購読 サイトマップ